APモード、RTモードとは

APモードって何?

 

 

AP(アクセスポイント)とは簡単に説明すると無線LAN親機のことで、PCやスマートフォン等と無線で接続することができます。

 

 

※メーカーによってはBR(ブリッジ)と表記されているものもあります。

 

 

切り替えスイッチをAPモードにすることで「無線LAN親機モード」に切り替えることができます。

 

 

 

 

RTモードって何?

 

 

RT(ルーター)モードでも無線LAN親機として利用可能です。RTモードには無線LAN親機に加えてルーター機能が有効になります。

 

 

 

APモードとRTモード、どちらを使えばいいの?

 

 

※最近のルーターには回線種別を自動で判断してAPモードとRTモードを切り替える機能を持った機器もあります。そのような機器ならAPモードとRTモードを特に意識する必要はありません。

 

 

  • RT/APモード切替スイッチを無線LANアクセスポイントモードに切り替えて初期化を行った場合、起動時にIPアドレス自動補正機能が動作しますので、「クイック設定Web」のアクセスができなくなる場合があります。
  • その場合、いったん、WWWブラウザを閉じ、本商品と接続端末の接続とネットワークのアドレス体系を確認し、開き直してください。
  • 無線LANアクセスポイントモードに設定後初期化した場合は、動作モードは無線LANアクセスポイントモードのままです。
  • 無線LANアクセスポイントモードを解除して初期化したい場合は、RT/APモード切替スイッチをRT側に切り替えてから初期化してください。

 

 

 

 

RT(ルーター)モードとAP(アクセスポイント)モードの違い

 

  1. RT(ルーター)モード 複数の端末をインターネットに接続させる事ができる機能
  2. AP(アクセスポイント)モード 無線機能を使い、Wi-Fi端末へ接続できる機能

楽天

トップへ戻る