菜園(北九州)

2021.4 菜園始める

13uの土地を借りて菜園体験。
初体験なので何もわからないとこからのスタート!

 

 

 

 

 

 

野菜を作るうえで必ず避けて通れないのが野菜の病気です。
自然栽培ではこの病気による被害がかなりの確率で発生し、収穫できなくなってしまいます。

 

 

代表的な病気の種類を紹介

 

 

灰色かび病

 

  • 植物の葉や実などの一部が褐色になり、薄い灰色のかびが発生したときは「灰色かび病」かもしれません。
  • 灰色かび病はほとんどの植物に発症する病気の1つで、葉や実などに繁殖して徐々に広がり、放置すると最終的に枯れてしまいます。
  • 灰色かび病は気温が低く湿度の高い春先や秋の終わり頃に多く発症し、真夏の暑い時期には勢力が衰えます。
  • 冬の間は、植物の組織内や土の中で年を越し、翌年の春に再び活動を始めます。

 

 

灰色かび病の予防法は?

 

  • 間隔を空けて植える
  • 枯れた葉や花を取り除く
  • 水やりのときには株の根元にゆっくり与え、泥がはねたり花に水がかかったりしないよう配慮が必要です。

 

 

 

うどんこ病

 

  • 植物の病気でよく聞かれる「うどんこ病」も野菜や果物、花木など全般に発症しますが、灰色かび病の菌とは属する種類が異なります。
  • うどんこ病は一見問題のない葉や茎に白い点が付いて白く広がるのに対し、灰色かび病は傷口や枯れた部分から褐色や薄い灰色に病変して広がる点に違いがあります。
  • また、うどんこ病の菌は雨の少ない冷夏や、天気が安定しない秋などに繁殖する傾向があります。

 

 

 

病を見つけたら

 

 

  • 普段の手入れで病を見つけたときには、病変した部分をすぐに取り除きましょう。
  • 除去した葉などは焼却するかゴミ収集に出し、土の上や庭、ベランダなどにそのまま放置しないようにします。

 

 

 

自然農薬の利用

 

灰色かび病にかかった部分を取り除いた後は、再発の予防として下記の自然農薬を散布すると安心です。

 

 

重曹

 

重曹には、灰色かび病などの病原菌に含まれる胞子の形成や発生を抑える作用があり、病気の予防や初期の発症に効果があります。重曹は、水500ccに対して1gの割合(500倍)で溶かし、病気の株全体にスプレーします。

 

 

石灰

 

石灰は殺菌作用があることでも知られ、石灰に含まれるカルシウムは、植物の組織内の細胞壁を強くして病原菌の侵入を抑制する働きがあります。石灰は、土や植物に直接ふりかけて使用します。

 

 

竹酢液・木酢液

 

竹炭や木炭を作る際に出た蒸留液を、それぞれ「竹酢液(ちくさくえき)」「木酢液(もくさくえき)」と呼びます。どちらも植物の病気予防に効果があり、一般的に竹酢液は水で200〜300倍、木酢液は水で200倍に薄めたものを散布します。

 

 

ストチュウ ←作り方

 

同量の酢と糖、焼酎を混ぜて発酵させた「ストチュウ」は、植物の病気予防に効果があるとして無農薬栽培で多く利用される方法です。一般的には水で500倍に薄めてスプレーしますが、灰色かび病にはクエン酸をプラスするとよいという論文も発表されています。

 

 

スギナ

 

雑草として生えるスギナにはミネラルやビタミン、葉緑素などの成分が含まれ、古くから殺菌作用があるとして自然農薬などに使用されています。スギナの新芽300〜400gを4リットルの水で煮出し、500倍に希釈して散布します。

 

 

納豆菌 →  マイエンザ作り方

 

納豆の菌にはイチゴの灰色かび病の発生を抑制する効果があるという研究結果が報告されており、仲間である「バチルス・ズブチルス菌」を使用した薬剤も市販されています。

 

納豆菌を使用して自分で作るときには、納豆や飲むヨーグルト、三温糖、ドライイーストを使用しますが、お湯を足して35度を保ちながら1週間寝かせるため、素人の場合は管理が少々難しいかもしれません。

 

 


 

 

 

土づくり

 

 

まずは土づくりから始めるということで調べ実施しましたが、結果牛糞などの余計な堆肥は害虫を寄せ付け野菜にも肥料過多になり悪影響と分かりやめました。2021.12

 

自然栽培を実施中 ⇒ 自然栽培(自己流)

 

 

 

@ 土起こし →  PHチェック 酸性なら苦土石灰(くどせっかい)で調整。(100g/1u)なじむまで2週間かかる。
  
  土起こしは深さ40cm 1月〜2月に行うと害虫等が死滅する。

 

A 堆肥(たいひ)を施す。+微生物の補給。=土づくり完了。(1か月寝かせる)
(土壌の質と微生物の改善が目的。)

 

堆肥は牛糞等(1kg/1u)

 

 

B 各野菜のを施しを立てる。(植えつけ1週間前)
      ↓
野菜に必要な肥料を元肥という。適量でないと軟弱になる。(発酵鶏糞等)
      
元肥のまき方

 

1.畝全面施肥(うねぜんめんせひ) = 畝に全面まく  
2.溝施肥 =溝を掘ってまく

 

 

畝づくり

 

縦5m横70cmの畝を作ってみました。かなりの重労働です。

 

 

 

2021.4.20

 

プラグトレイシリーズ(手植用) 穴数 128(8×16)、穴径 28.5×28.5(mm)、CP890730、1個を購入して種を植えました。

 

2021.5.8やはり外気温20℃を超えないと芽は出ません。
慌てて植えても結局は気温次第なのだと結論付きました。
来年は外気温度を中心に種を植え付けたいと思います。朝と晩の気温が低いので保温措置(ビニールがけ、不織布で覆う)を講じたほうがいい。

 

 

2021.5 天恵緑汁(てんけいりょくじゅう)

 

よもぎと黒砂糖で天恵緑汁(てんけいりょくじゅう)作りました。

 

ヨモギやクズなどを黒砂糖と混ぜて容器に入れておくと、一週間ほどで発酵液(菌液)ができる。
一滴も水を入れなくとも、黒砂糖の浸透圧で植物エキスが抽出されるとともに、酵母菌や乳酸菌の働きで発酵する。
発酵が加わることで、単なる抽出液以上の効果が期待できる。

 

天恵緑汁の作り方

 

2021.5.10やっと芽が出ました。長かったー

 

 

トウモロコシの芽はこんなに細いんだー

 

 

かぼちゃの芽が出ました。かなり大きい芽なのでびっくり!

 

 

2021.5.15 キクイモ、種芋を購入して植えました。1か月経った頃です。

 

 

 

2021.5.17  

 

 

リンク紹介 

 

 

菜園(北九州)記事一覧

農業用マイエンザとはこれは、愛媛AIとも呼ばれ、納豆菌、乳酸菌、酵母菌、(善玉菌)を培養した万能液で野菜、花、果樹の安全の植物生育促進剤です。ラインスタンプ → みどりちゃん農業用マイエンザは、土の中の菌の代謝物のアミノ酸などによって土壌や葉面に棲む微生物を活性化させ連作障害を抑えられる他、虫除けにもなります。「えひめAI(あい)」の名前は、「えひめAI-1」開発者である愛媛県工業技術センターの...

ストチュウとは?酢と焼酎。略してストチュウ。ストチュウは昔から利用されてきた定番の自然農薬です。酢、焼酎、黒砂糖をミックスしてつくり、水で薄めて野菜にスプレーして使います。ラインスタンプ → とっぴー家庭で野菜を育てる場合によく利用される「病害虫予防」の天然素材の農薬です。効果は短く、農薬には遠く及ばないので、効安全という最大のメリットは魅力的だけど必ずしも効くというわけではない。EM菌を入れたス...

天恵緑汁とは、天恵緑汁は韓国の自然農業協会の趙漢珪(ちょうはんぎゅ)さんが考案したもので、植物に黒砂糖をまぶして、砂糖の持つ浸透圧で植物のエキスを抽出して、それを希釈して農業に使ったりするものです。濃いい色で美味しそうな匂いがします。作り方「ヨモギを黒砂糖に重しをして1滴も水を入れなくとも、1週間ほどで黒砂糖の浸透圧で植物エキスが抽出され、発酵液(菌液)ができる。ラインスタンプ → 動くブルースネ...

落花生は種まきから収穫まで約130日と言われています。葉っぱが黄色くなってきたら収穫の合図。収穫方法は、株元を手でしっかりと持ち、一気に引き抜きましょう。土の中から収穫したばかりの落花生は、当然土だらけですがここで洗ってしまうのはNG。掘り起こした落花生は、そのまま乾燥させましょう。株元の土を少し掘ってみて、さやが大きく成長して網目がはっきりと出ていれば、収穫のベストタイミング。後作には落花生は連...

2021.5.17 スイカの芽が出た! こんな感じなんだ!ラインスタンプ → 動くブルースネコ2021.5.18 芽が出たので直植えに変更。2021.5.24 虫よけ&保温に「あんどん」で対処。2021.6.28 根から一番近い雌花は美味しくないので摘み取ります。2021.7.7 畝いっぱいに葉っぱが広がり土が見えません。2021.7.11 ようやくかわいいスイカの形になりました。ここまで来るのに...

5月14日プラグトレイで芽が出て18日には、4枚の葉っぱになりました。6月1日ぐんぐん成長します。6月14日頃になると葉っぱ10枚ほどなり、親づるを摘み取ります。子づるを伸ばしていきます。6月17日には雄花が咲きました。同時に雌花も咲きました。雌花にはカボチャのふくらみがあります。雄花にはふくらみがありません。ハチ等が受粉してくれるとどんどん大きくなります。必ずうどん粉病になります。仕方ないのです...

トウモロコシの種まきプラグトレイ1つに種2個。外気温20℃、5月に種をまき、プラグトレイで1週間後に芽が出ました。写真は発芽後10日たっています。不織布をかけてやると保温と保湿効果で発芽が早まります。細部は種袋裏面の説明書をよく読みましょう。15cmほど伸びたら直植え。成長して倒れるのを防ぐため、2本1組植える。30cm間隔でなるべく密集させて10か所以上植えないとうまく受粉しません。トウモロコシ...

2021.510スジまきして5月.1。約1週間で芽が出ました。5月29日 順調に育っています。6月1日 ぐんぐん伸びていい感じです。6月25日 葉っぱが垂れてきたら収穫みたいですがなかなか垂れません7月11日 収穫! ちょっと収穫が早めで形もバラバラですが、柔らかく甘いニンジンでした。

大根は直接畑にまかないと根っこがよじれたり、植え替えの際に切れたりし、大根が二股に分かれたりして形がかなりいびつになります。種から育てたい場合は、↓自分で野菜を種から育てる準備肥料はそんなにやらなくても良く育ちます。天恵緑汁を3日に1回散布しただけで良く育っています。30cm以上間隔を開けないと葉っぱが重なり合ってかなり邪魔です。ピンと立っていた葉っぱが倒れてきたら収穫時期です。アブラナ科である大...

ニームオイル 100% 100ml 原液 園芸 害虫対策 無農薬 植物の保護 土壌改良に農薬を使わない害虫対策に。100%天然成分で、大切な植物を守ります。市販のスプレーボトルなどに希釈液を入れて散布してください。希釈濃度:1000倍~2000倍希釈液は、なるべく早くお使いください。1週間に1度を目安に散布してください。ニームオイルとは「ニーム」という木の実から抽出したオイルのこと。ニームオイルの...

ラインスタンプ → 動くブルースネコナフコで16個×8個=128個のプラグトレイ、約100円1マスに1個ずつ種をまき育てます。10月〜5月までは朝晩気温が下がるので、不織布をかけて保温と保湿を保てば発芽しやすいです。何の種か分かるように養生テープにマジックで書いて貼り付けましょう。保温と鳥、虫よけにビニールカバーを設置すれば完璧です。発芽したら網に変更しましょう。

菜園材料の紹介アブラムシ除けに銀紙がいいということで反射板を手作りで製作しました。100円均一でアルミシートと不織布を重ね合わせてミシンで縫いました。ダンポールナフコで長さ2400mm、厚み5.5mm、1畝5mに対し50cm間隔で10本予備に2本購入。最初と雑賀はバッテンにして強度を高めました。土が固い場合はなかなか刺さらないのであらかじめ杭で掘ります。ハンマーでたたいて30cm以上打ち込むのでそ...

約6か月のキクイモ栽培。大変な点は約2.5mまで伸びるので、台風が来ると折れてしまうことです。今年は直撃がなかったため助かりました。2021.4.3 種芋をナフコで購入。 畑に植えつけ後2021.4.14芽が出る。 2021.4.29 ぐんぐん順調に成長。特に肥料はやっていないのに順調に伸びます。葉っぱだけを見るとひまわりの葉っぱに似ています。2mを超えるとさすがに風であおられ、折れそうなので必死...

ほんとの野菜は緑が薄い 河名秀郎印象に残った文章を抜粋有機栽培のお米と、自然栽培のお米を10日ほど放置すると、有機栽培のお米は何とも言えない腐った匂いを放ち自然栽培のお米は甘い香りを放ち腐るどころか甘酒に発酵していました。 要するに有機栽培や化学肥料で育った作物は成長は早く見た目は良いが生命力がなく朽ち果てるスピードが早い。自然栽培の作物は身がしまり生命力あふれ本来の姿を現している。肥料を多量にま...

2021.4より始めた無農薬・有機栽培ですが、実際してみて調べていくうちに有機栽培でも人体に害になる野菜ができることに気が付きました。2021.11月現在人間は食べ物によって病気を招く。自然の恵みだけを摂取すれば病気にならない。そんな考えを持つようになり少しでも実現できるように挑戦したいと思いました。有機栽培のどこが悪いのか青虫・アブラムシなど、害虫が付くのは野菜がおいしいからではなく、余分な栄養...

新カドタ式 生ごみで土づくり より有機栽培でも肥料過多により、野菜や土にダメージを与えているという事実を知り、何かいい方法はないかと探していたらこの本に出会いました。自然栽培は基本何も肥料を入れないで自然のまま野菜を育てるのですが、土が野菜に適した土でないとダメだと思います。そこで簡単にできる生ごみで土づくりに挑戦したいと思います。 2021.12タネを作るのに必要なもの生ごみに刷り込んで熟成させ...

楽天

トップへ戻る