解決シリーズ!

Sponsored Link

windows7の延長サポート期間が2020年1月で終了します。

 

 

 

ラインスタンプ → 動くブルースネコ

 

 

 

 

セキュリティの更新がされないので、使い続けるとウイルス感染する恐れがあり、危険にさらされる可能性があります。

 

 

 

2016年7月29日までWindows10に無償アップグレードできる期間がありましたがしていませんでした。

 

 

 

 

今回改めてその重要性を認識し今更ですがwindows10に買い替えようかと思いましたが、何せ高いので悩んでいました。

 

 

 

するとwindows10無償でアップグレードできるかもしれないという情報を知りました。

 

 

 

マイクロソフト公式サイトにwindows10アップデートのツールがありました。

 

 

 

 

これをダウンロードしてみるとwindows7からwindows10へアップグレードできました。

 

 

 

 

 

私が成功した手順で説明しますので、絶対に成功するとは限りません自己責任でお願いします。

 

 

 


 

 

 

 

 

残しておきたいファイル、ソフトなどはUSB、外付けディスクなどにコピーしておきましょう。

 

 

 

 

そのままアップデートしても構いませんがもし失敗したら次のやり方で試してください。

 

 

 

windows7で使用していたアプリやファイルなどが邪魔をして最終画面で失敗する可能性があります。

 

 

 

 

 

そんな場合はすべてクリアにして何も引き継がないでアップデートしてみましょう。

 

 

 

 

 

リカバリメディアメディアで初期化しましょう。

 

 

 

 

マイクロソフト公式サイト → windows10 ツール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダウンロードしたISOファイルをDVDに書き込みましょう。

 

 

 

書き込みソフトがなければ、無料ソフト ImgBurn を使ってみてください。

 

 

 

 

 

windows10のリカバリディスクが完成しました。

 

 

 

インストールしてアップデートすれば完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

windows10へ無償でアップデート解決!記事一覧

ソフトを使わずwindows10内でブルーライトをカットしましょう。大きく2つの方法がありますが私は画面が明るいのが嫌いなので両方設定しています。全体を暖色にしてブルーライトを抑える方法。ディスプレイプロパティで青色を強制的に抑える方法。夜間モードの設定の仕方スタートメニューから設定をクリックしましょう。システムをクリックしましょう。夜間モードをクリックしましょう。今すぐ有効にするをクリックしまし...

Windows10にはセキュリティソフトWindows Defenderが標準搭載しています。なので特にセキュリティソフトは必要ありません。しかし念のためにスパイウェア対策として1週間に1度くらいの頻度でMalwarebytesを手動でスキャンすれば安心です。windows10に無料セキュリティソフトMalwarebytesを入れましょう。特徴高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアン...

windows10のスタートアップ時に起動されるDelayed launcherは必要なのか?タスクマネージャーで確認できるスタートアップ時に起動する項目の中にあります。左下の検索窓にタスクマネージャーと入力して開いてください。Delayed launcherは、ウイルス/マルウェアがシステムファイルにアクセスする前に、コンピュータのオペレーティングシステムにアクセスできるするものだそうです。つま...

楽天

トップへ戻る